当院でできる検査

オートレフケラトメーター

近視、遠視、乱視の有無や程度、角膜の曲率(形)を測定する器械です。

接触型/非接触型眼圧計

ノンコンタクトトノメーターで目に空気をあてて測定し、平均値をとります。または医師による点眼(ベノキシールなど)により眼球を麻痺させ、直接機械を目にあて測定する場合もあります。(アプラネージョントノメーター)

細隙灯顕微鏡

外眼部の疾患の他、虹彩炎や白内障、硝子体の混濁や出血、後部硝子体剥離等の発見や経過観察はこの検査によってのみ可能となります。
また特殊レンズとの組合わせにより通常見ることの出来ない虹彩根部の隅角や眼底の極周辺部なども観察することが出来ます。
眼科診療の都度必要な、最も基本となる重要な検査です。

眼底カメラ

身体の中で唯一、外から直接観察できる眼の奥(眼底)の血管を診断します。糖尿病の合併症である網膜症の診断進行度を、診断するカメラです。その他にも、眼底検査では高血圧症、動脈硬化、網膜剥離なども発見できます。

光干渉断層計(OCT)

眼底に弱い赤外線を当てて、反射光の強さと時間的なずれを検知し、この情報を換算して眼底の断層像を得る装置です。

視野計

緑内障の早期発見機器として最新の自動視野検査を設置し短時間で正確な視野検査ができます。

網膜光凝固(レーザー)装置

網膜光凝固術は、あくまで新生血管の発症を防ぎ、網膜症の進行を防ぐことが目的です。
視力の改善が目的ではなく、視力を維持することが目的であることを覚えておく必要があります。

その他、石原式色覚検査表やパネルD-15、の検査も行っております。
お気軽にご相談ください。

眼のお悩みはお気軽にご相談ください

眼のことでお悩みでしたら、武蔵新田にある小林眼科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_03-3758-1358.png
staff staff blog